アイクリームや化粧水の口コミCHECK│肌にあったものを使う

目を閉じる女性

石鹸を利用する

ソープ

洗顔をする際に、洗顔フォームや洗顔石鹸など様々な洗顔料をしている人は多いでしょう。洗顔を行なう際に、あらゆる肌質の人に向いていると言われているものが、洗顔石鹸です。洗顔石鹸は、皮脂を落とし過ぎないということで乾燥肌の人や敏感肌の人に向いています。洗顔石鹸には、合成界面活性剤が含まれていません。合成界面活性剤は洗浄力が高いことから、多くの洗顔料に含まれている成分ですが、場合によっては肌の皮脂を落とし過ぎるということがあります。洗顔石鹸は、水だけで洗い流すことができ、肌の表面に残らないので、適度な皮脂を保つことができます。また、洗顔石鹸は、アルカリ性に近いということがあるので、洗いあがりはつっぱった感じがありますが、それが肌本来の力を取り戻すことにもつながります。

洗顔石鹸は、保湿成分そのものはほとんど配合されていません。しかし、その分洗顔後の化粧水や乳液などは浸透しやすく、美容成分をより浸透させることができます。肌を洗うときにはシンプルに洗うことに専念し、保湿は化粧水や乳液などで行ないたいという場合、無添加の洗顔石鹸の方が向いていることも多いです。洗顔は、きちんと行なうことで肌のターンオーバーを促進させる効果もあります。自分に合った洗顔石鹸を利用していくことで、肌のトラブルを減少させることが可能です。まずは、石鹸の成分を比較していきましょう。場合によっては、サンプルなども配布されていることも多いので、実際に使って使用感を確かめてみるのもいいでしょう。